ものすごく自発的に始めている
《勝手にコピック講座》
第④弾 0番の使い方 


毎回の注意点) 
(使用感・使用方法等はあくまでふゆこ個人の勝手な意見ですのでご参考までに。) 


リクエストをいただいていました 「0番の使い方」をご紹介したいと思います


まず、「0番」は無色です!
その無色を活かして使うと、重宝する色です。

活用方法としては
・ぼかす
・薄める
・にじます
そんなイメージかなと思います。 

無くてもいいけどあると便利な色ですね (表現の幅が広がる気がします!←おおげさ?)
塗りの方法にもよりますが、 特に水彩風や少女漫画風が好きな方は必需品となる「0番」さん!
紙の白を活かした塗りに大活躍間違いなしです


では、こんな方法があるよ~な例を載せてみたいと思います。
(写メにつき見えにくかったらすみません…) 

色をぼかす&薄める 紙の白を残しつつ肌を塗る場合です。

使用したのは肌の影色になる「E00」と「0番」さんです。



 ①まずは「E00」で影部分を塗ります。 

②このままだとハッキリしすぎてるので、ぼかしたい部分に「0番」を塗ります。
(鼻下部分の色が変わっているのがわかるでしょうか? 「0番」は無色なので、紙が濡れ色になるだけです) 


③同じ要領で他の影にしたいところを「E00」で塗り塗り。


④「0番」でぼかします。



インクが乾くのを待つと・・・


     


綺麗に馴染んでくれました


にじます&ぼかす効果を使ってこんなことも!

①まずベタ塗りをします。


 ②ペン先を抑え付け、インクがにじむのを少し待ってみてください。 
先に塗った色がぼけて(にじんで)紙の色が出てきます。


③それを繰り返すとこんな感じに水玉模様っぽくなりました。

注意]
0番は無色なので大胆ににじましてしまいがちですが、あまりはみ出していると他の色が0番を塗ったところまで溶けて、
インクがはみ出してしまうので注意してくださいね!(上画像のように) 


そして、肌色を重ねてぼかして、 リボンを水玉ににじまして塗ったのがこんな感じです。 


アイディアしだいで色々と活きてくる0番さん。 ぜひぜひ、色々試してみてくださいヽ(*'▽')/


次回からいよいよメイキング載せさせていただきます!

勝手にコピック講座④end. 


FUYUKO(ふゆこ)